ブランディングサミットメインビジュアル
ブランディングサミットロゴ
ブランディングサミットテーマ
変わっていくもの。変わらないもの。

AIやIoT、ロボット、ビッグデータ、

フィンテックなど最新テクノロジーの実用化、

そして超少子高齢化による労働人口減少といった社会問題、

このようなビジネス環境の急激な変化に、

私たちはどう対応すればよいのか。

 

30年続いた平成が終わり、新たな年号となる2019年は

さらに変化の激しい年になると予想されます。

 

そこでHOKKAIDO BRANDING SUMMITでは、

大きな環境変化の中、経営課題を解決するために

自社のブランド構築を実践してきた企業のノウハウを共有し、

組織の事業ドメインや理念体系、マーケティング、人材マネジメントなど、

「変わっていくもの。変わらないもの。」について考える

実践的なトークイベントを、3部構成で開催します。

勝山ヒロシ
横棒
勝山ヒロシ画像

昨年は初開催にも関わらず沢山の皆様にご参加いただき有難うございました。

今年も第2回北海道ブランディングサミットを開催します。

変化の激しい時代をどう進むべきか。

組織づくりや経営にとってのブランディングの役割や具体的な取り組みについて、実践しているからこそ語れる方々をお迎えしお話いただきます。

出演者と参加者が共に学び、気づきを共有できる場です。

行動を変え、未来を変えたいと考えている方のご参加をお待ちしています。

プログラム

総合司会:青山 千景/フリーアナウンサー

01
トークセッション
組織変革
YukiAnzai×TomomiMInabe
第一部解説

東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。商品開発、人材育成、地域活性化などの産学連携プロジェクトに多数取り組みながら、多様なメンバーのコラボレーションを促進し、創造性を引き出すワークショップデザインとファシリテーションの方法論について研究。主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。

早稲田大学でロシアアヴァンギャルド/バウハウスを中心に当時のデザイン学/文化人類学周辺を学ぶ。卒業後に家電メーカーで商品企画開発を担当。その後事業イノベーションコンサルファームDONGURIを創立。大手企業からスタートアップまで、消費財系の事業イノベーションを多く経験。他にも組織人事変革にも取り組んでいる。

安斎勇樹

東京大学大学院

情報学環 特任助教

 

株式会社ミミクリデザイン

代表取締役

安斎 勇樹氏

株式会社DONGURI

代表取締役

ミナベ トモミ氏

ミナベトモミ
縦点線
02
ブランド経営・実践トーク
変わっていくもの。変わらないもの。
第2部解説
Masahiro Ito×Jin&Megumi Tanaka
伊藤雅弘

フジコーポレーション株式会社

代表取締役

伊藤 雅弘氏

東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。商品開発、人材育成、地域活性化などの産学連携プロジェクトに多数取り組みながら、多様なメンバーのコラボレーションを促進し、創造性を引き出すワークショップデザインとファシリテーションの方法論について研究。主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。

縦点線
田中仁

株式会社仁

代表取締役

田中 仁氏

小学生の時の夢は社長になる事。酪農学園大学の経営環境学部卒業後、30歳で起業すると決め、キャリアづくりのため大手飲食チェーンに入社。東京での店長経験や本社勤務を経て、2011年に独立。人と人との関わりを大切にしたいという想いから、社名を(株)仁とする。現在は従業員35名、通所介護・介護予防通所介護事業所「あったかい湯」、児童発達支援事業所「あった」を運営。

縦点線
田中めぐみ

株式会社仁

専務取締役

田中 めぐみ氏

大学在学時、人間福祉学部・社会福祉学を学ぶ。夫とともに(株)仁を起業。現在は児童発達支援事業所「あった」の管理者を務める。子ども達が持つ力を信じ、一人一人の意欲や自分らしさを見つけ、お母さん達にこんなところを探してた!と感じて頂ける支援をモットーに活動。仕事をしながら子育てをする一人の親として、想いに共感してくれるスタッフと日々奮闘中。

ワークショップ
経営を変える
Yoshio Nakano×Satoshi Ueda
第3部解説
中野義夫

PMC株式会社

代表取締役会長 兼  CEO

中野 善夫氏

PMC株式会社・中野会計事務所・日本相続知財センター札幌を含めた中野会計グループのCEOとして、自ら経営を実践する一方で、30年以上もの間、流通・サービス・建設・製造業の中堅中小企業に対して、経営戦略の立案と遂行の実践的コンサルティング業務を展開。これまでの支援企業は一般企業で570社・歯科医院で500医院を超える。

プラスディーアンドシー合同会社

代表職務執行者社長

上田 聰司氏

広告制作会社勤務7年を経て企業の社長室直轄部署で10年、CI式企業ブランディングを確立し様々なブランド立ち上げ・見直しに携わる。こころざしを再定義、デザインを活用して社内に浸透させることで、帰属意識やモチベーションの向上を実現。2007年に独立後、中部・関東を中心にベンチャー事業の立ち上げや企業・学校法人のリブランディング、研修・セミナー講師を請け負う。

上田聰司
縦点線
INFORMATION
横線

〈日 程〉

2019年6月12日(水)

14:00〜18:00

※終了後懇親会

 

〈定 員〉

150名

 

〈参加費〉

5,000円〈税込〉(完全予約制/当日のお支払い)

※懇親会ご参加の方は、別途5,000円程度がかかります。

 

〈会 場〉

ジャスマックプラザ・ザナドゥ

札幌市中央区南7条西3丁目

 

〈 主 催 〉

株式会社ウィン

株式会社DONGURI

プラスディーアンドシー合同会社

PMC株式会社

 

〈 後 援 〉

北海道新聞社

Copyrights©️reserved by Win,inc.

WINロゴ
ブランディングサミットロゴ
ブランディングサミットテーマ
変わっていくもの。変わらないもの。
ブランディングサミットメインビジュアル
横棒
勝山ヒロシ画像
安斎勇樹
ミナベトモミ
変わっていくもの。変わらないもの。
伊藤雅弘
田中仁
田中めぐみ
ワークショップ
中野義夫
上田聰司
INFORMATION
横線

〈日 程〉

2019年6月12日(水)

14:00〜18:00

※終了後懇親会

 

〈定 員〉

150名

 

〈参加費〉

5,000円〈税込〉(完全予約制/当日のお支払い)

※懇親会ご参加の方は、別途5,000円程度がかかります。

 

〈会 場〉

ジャスマックプラザ・ザナドゥ

札幌市中央区南7条西3丁目

 

〈 主 催 〉

株式会社ウィン

株式会社DONGURI

プラスディーアンドシー合同会社

PMC株式会社

 

〈 後 援 〉

北海道新聞社

WINロゴ
ブランディングサミットロゴ
ブランディングサミットテーマ
変わっていくもの。変わらないもの。
ブランディングサミットメインビジュアル

AIやIoT、ロボット、ビッグデータ、

フィンテックなど最新テクノロジーの実用化、

そして超少子高齢化による労働人口減少といった社会問題。

このようなビジネス環境の急激な変化に、

私たちはどう対応すればよいのか。

 

30年続いた平成が終わり、

新たな年号とな2019年は

さらに変化の激しい年になると予想されます。

 

そこでHOKKAIDO BRANDING SUMMITでは、

大きな環境変化の中、経営課題を解決するために

自社のブランド構築を実践してきた企業のノウハウを共有し、組織の事業ドメインや理念体系、マーケティング、人材マネジメントなど、

 

「変わっていくもの。変わらないもの。」に

ついて考える実践的なトークイベントを、

3部構成で開催します。

横棒
勝山ヒロシ画像
勝山ヒロシ

昨年は初開催にも関わらず沢山の皆様にご参加いただき有難うございました。

今年も第2回北海道ブランディングサミットを開催します。

変化の激しい時代をどう進むべきか。

組織づくりや経営にとってのブランディングの役割や具体的な取り組みについて、実践しているからこそ語れる方々をお迎えしお話いただきます。

出演者と参加者が共に学び、気づきを共有できる場です。

行動を変え、未来を変えたいと考えている方のご参加をお待ちしています。

プログラム
01
トークセッション
組織変革
YukiAnzai×TomomiMInabe
第一部解説
安斎勇樹
ミナベトモミ

東京大学大学院

情報学環 特任助教

 

株式会社ミミクリデザイン

代表取締役

安斎 勇樹氏

株式会社DONGURI

代表取締役

ミナベ トモミ氏

02
ブランド経営・実践トーク
変わっていくもの。変わらないもの。
第2部解説
Masahiro Ito×Jin&Megumi Tanaka
伊藤雅弘

フジコーポレーション

株式会社

代表取締役

伊藤 雅弘氏

東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。商品開発、人材育成、地域活性化などの産学連携プロジェクトに多数取り組みながら、多様なメンバーのコラボレーションを促進し、創造性を引き出すワークショップデザインとファシリテーションの方法論について研究。主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。

田中仁

株式会社仁

代表取締役

田中 仁氏

小学生の時の夢は社長になる事。酪農学園大学の経営環境学部卒業後、30歳で起業すると決め、キャリアづくりのため大手飲食チェーンに入社。東京での店長経験や本社勤務を経て、2011年に独立。人と人との関わりを大切にしたいという想いから、社名を(株)仁とする。現在は従業員35名、通所介護・介護予防通所介護事業所「あったかい湯」、児童発達支援事業所「あった」を運営。

田中めぐみ

株式会社仁

専務取締役

田中 めぐみ氏

大学在学時、人間福祉学部・社会福祉学を学ぶ。夫とともに(株)仁を起業。現在は児童発達支援事業所「あった」の管理者を務める。子ども達が持つ力を信じ、一人一人の意欲や自分らしさを見つけ、お母さん達にこんなところを探してた!と感じて頂ける支援をモットーに活動。仕事をしながら子育てをする一人の親として、想いに共感してくれるスタッフと日々奮闘中。

03
ワークショップ
経営を変える
Yoshio Nakano×Satoshi Ueda
第3部解説
中野義夫
上田聰司

PMC株式会社

代表取締役会長 兼  CEO

中野 善夫氏

PMC株式会社・中野会計事務所・日本相続知財センター札幌を含めた中野会計グループのCEOとして、自ら経営を実践する一方で、30年以上もの間、流通・サービス・建設・製造業の中堅中小企業に対して、経営戦略の立案と遂行の実践的コンサルティング業務を展開。これまでの支援企業は一般企業で570社・歯科医院で500医院を超える。

プラスディーアンドシー

合同会社

代表職務執行者社長

上田 聰司氏

広告制作会社勤務7年を経て企業の社長室直轄部署で10年、CI式企業ブランディングを確立し様々なブランド立ち上げ・見直しに携わる。こころざしを再定義、デザインを活用して社内に浸透させることで、帰属意識やモチベーションの向上を実現。2007年に独立後、中部・関東を中心にベンチャー事業の立ち上げや企業・学校法人のリブランディング、研修・セミナー講師を請け負う。

INFORMATION
横線

〈日 程〉

2019年6月12日(水)

14:00〜18:00

※終了後懇親会

 

〈定 員〉

150名

 

〈参加費〉

5,000円〈税込〉

(完全予約制/当日のお支払い)

※懇親会ご参加の方は、

別途5,000円程度がかかります。

 

〈会 場〉

ジャスマックプラザ・ザナドゥ

札幌市中央区南7条西3丁目

 

〈 主 催 〉

株式会社ウィン

株式会社DONGURI

プラスディーアンドシー合同会社

PMC株式会社

 

〈 後 援 〉

北海道新聞社

WINロゴ